ここから本文です

高畑淳子が会見 姉・こと美も「大泣き」【一問一答・後半】

オリコン 8月26日(金)11時42分配信

 女優の高畑淳子(61)が26日、息子で俳優の高畑裕太容疑者(22)が23日に強姦(ごうかん)致傷容疑で群馬県警に逮捕されたことを受け、都内ホテルで会見を行った。会見にはテレビカメラ27台、報道陣は合計300人集まり、高畑は登場するなり無数のフラッシュを浴びた。体調を考慮し、30分ほどで終了する予定だったが「すべての質問にお答えしたい」との意向でスタンドマイクの前に立ち、64分にわたって会見を行った。

【動画】高畑淳子、涙の謝罪会見

下記は主な一問一答。

――母親からみて女性に対しての危うさは感じていたか?
芸能界に入って見たこともないキレイな人を見て浮かれている。皆さんも(テレビで)知るかぎりです。あのまんまでした。男女問わず、すぐ人を好きになることはあったが、ここまで愚かだとは思わなかった。

――母親からみて女性対する態度はどううつっていたのか?
誰にでも上(から目線)とか、そういうことはなかった。(トラブルもなかった?)はい。

――芸能界に入ってから裕太容疑者の様子は?
仕事をはじめてから自分で目覚ましをかけたり、ちょっと変化した。夜きちんと寝ないとかの心配はあったが、思春期の頃、あの困った子がこうなった(直った)と思っていたんですが。勉強が嫌いだったので、遅刻が多かったです。(芸能界入りに不安に)思っていました。

――仕事続ける精神面に自信はあるか?
裕太がお仕事でご迷惑をかけている。それと同時に私も仕事を降りてしまっては同じこと。(12月までの)舞台の後は、考えていません。

――裕太容疑者と最後に会ったのは
最後に会ったのは8月19、20日くらい。朝でかけていく時。早朝の仕事先から群馬に行った。顔を見て送り出してはいない。

――荷物に歯ブラシはあったか?
知らないです。

――何を差し入れたのか?
Tシャツです。

――今後の面会のつもりはある?
はい。

――共演した芸能人から裕太容疑者について苦言などはあったか?
私の知るかぎりではなかった。かわいがっていただいているような気がしました。

――女性の芸能人で彼のことを嫌がっている方もいたようですが?
ああいうタイプの男の子が嫌なのは多いだろうと思います。

――性的な衝動を抑えられないようなところはあったのか?
私がみたのは家庭の中だけの顔。思い出されることはない。

――親として息子をどう守って対応していくか?
そのことに関しては次にやらねばと思っている。まずは皆さまにご迷惑をおかけしたことを報告を…。ずっと続くことですから、そのことを頭で整理する。最終的にどんなことがあっても、どんなに申し訳ないことをしても、親として守る・ガードするわけではなく「親でいる」ということが最後の最後にくると思う。

――裕太容疑者は、危ういキャラクターが人気の一つ要因だった。それは素?
そのように思います。

――素のままにいくことに危惧はなかったか?
正直ないことはございませんでした。危惧はありました。

――息子をいつか芸能界復帰させたいか?
してはいけないことだと思っています。

――今後、どう生きていってほしいか?
やってしまった方をしっかり把握することがスタート。被害者の方にどれだけの思いをさせてしまったのか確認して抱えることが1番。(どう生きてほしいのかは)まだそこまで考える余裕はない。

――裕太容疑者の死のうと思ったと聞いてどう感じたか?
そんなことを思うなら、こんなことをしてはいけないと思った。

――自分の体調は?
(少し間をあけて)大丈夫です

――息子の芸能界入りを後悔しているか?
芸能界に入ったから事件を起こしたとはつなげてはいけない。一瞬ではありましたが、たくさんの方にかわいがってもらい感謝を申し上げます。(自分が芸能界入りを)後押ししたことは一切ない。ただ共演は拒否しなかった。

――裕太容疑者にどのくらいの仕事があったのか?
10件くらいです。

――高島礼子さんから何か連絡あったか?
この場で申し上げることではないと思っています。

――姉(こと美)とどう話しているか
姉は大泣きをしていたが、やはり泣いている場合ではないと。まず謝る気持ちとこれからどうすればいいのか事実を冷静にみていけばいけないと。今後のことの前に、やらなければいけないことがある。家族だけになりますと、息子への気持ちが出てくるんですが、それはいけないことだよと言い合っている。

最終更新:8月29日(月)16時3分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。