ここから本文です

神木隆之介、“内面女子”と明かす「かわいい物が好き」

オリコン 8月28日(日)12時44分配信

 俳優の神木隆之介、女優の上白石萌音が28日、都内で行われたアニメ映画『君の名は。』公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】『君の名は。』声優陣と新海監督が登場

 同作は、夢で見た少年と少女の恋と奇跡の物語を精緻な色彩と繊細な言葉遣いで描いていく。主人公の東京で暮らす男子高生・立花瀧(たちばなたき)を神木、ヒロインで山深い田舎町に暮らす女子高生・宮水三葉(みやみずみつは)を上白石が務める。

 劇中で、ヒロインと精神が入れ替わり“内面女子”となった主人公を声で演じた神木は「かわいい物が好きで目がいっちゃう」と告白。「カッコいいものとかわいい物なら、かわいい物に反応する。そういうところは女子っぽいのかな」と笑いながら明かすと、新海誠監督も「神木くんの中には明確に女子がいる」とうなずいていた。

 一方で上白石は「男っぽいところがあるかもしれない」と対照的。「小さいころから幼なじみが男の子ばかりで一緒に木に登ったり遊んだりしてた」と振り返り「旅の荷物が少ない。3泊くらいならリュック一つで大丈夫だし、荷物の最小限さは男みたいかもしれない」と笑顔で話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、長澤まさみが出席。同作が全世界85の国と地域での配給が決定したと発表されると新海監督は「本当にうれしいことですね。世界の方がどう感じるのか、楽しんでもらえたらうれしい」と喜び、神木も「みんなでレッドカーペットを歩きたいですね」と期待をふくらませていた。

最終更新:8月30日(火)17時17分

オリコン