ここから本文です

バットマンVSジョーカー、「レゴ映画」の新作『レゴバットマン』

CINRA.NET 8月26日(金)17時24分配信

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』が2017年4月1日から全国で公開される。

レゴブロックの世界を舞台にした2014年公開の3Dアニメーション映画『LEGO® ムービー』の新作映画となる同作。『LEGO® ムービー』でヒーロー軍団を率いたバットマンを主人公に据え、ロビンと共にジョーカーと戦う様が描かれる。作中には『バットマン』のキャラクターが多数登場する予定だ。

【もっと大きな画像を見る】

主人公であるレゴのバットマンの声を演じるのはウィル・アーネット。ジョーカー役をザック・ガリフィアナキス、ロビンことディック・グレイソン役をマイケル・セラ、バーバラ・ゴードン役をロザリオ・ドーソン、執事のアルフレッド役をレイフ・ファインズが演じる。監督は前作に引き続き、クリス・マッケイが担当。

マッケイはバットマンを題材にしたことについて「バットマンは前作の『LEGO® ムービー』でも主要登場人物の一人でした。作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、前作の本編でも“これは映画になるぞ”とバットマンが10回くらい言っているし、このチャンスを使って、作り手たちを窮地に追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったのさ(笑)」とコメント。

ウィル・アーネットは「これは監督と話していたことなのだけど、この映画はバットマンが敵をやっつけるだけの映画ではなく、自身の中にある葛藤を克服する話でもある。あれだけ虚勢を張っている男は、たいがい何がしかの性格的な欠点を補おうとしている」と語っている。

CINRA.NET

最終更新:8月26日(金)19時11分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。