ここから本文です

真田聖也が東京愚連隊のエースに復帰!田中将斗との再戦に意欲!

バトル・ニュース 8月26日(金)1時35分配信

 25日、新宿FACEにて開催された東京愚連隊興行『TOKYO CARNIVAL 2016』のメインイベントにて、FUJITA&MAZADA&真田聖也vs田中将斗(ZERO1)&HARASIMA(DDT)&鈴木鼓太郎(フリー)の6人タッグマッチが行われた。

 新日本プロレスのロスインゴベルナブレス・デ・ハポンにて活躍しているSANADAが久々に真田聖也として東京愚連隊のエースに復帰。入場曲やコスチュームも戻し、普段闘う事のない3選手と対戦した。
 試合は東京愚連隊の連携と真田の冷静な追い込みが光るが、FUJITAと真田に鼓太郎がビットからHARASHIMAがFUJITAに飛びつきリバースフランケン。さらに鼓太郎がブルーディスティニー。そこへ田中がスライディングDを叩き込む怒涛の連携で3カウント。

 試合を見ていたNOSAWAは11月28日の後楽園ホール大会に真田をオファーするも、真田は出たい気持ちがあるというが保留。その代わり『IWA世界ヘビー級選手権 ミル・マスカラスvsNOSAWA論外』が決定した事が発表された。

 試合を終えた真田は「ここでしかできない闘いができたんじゃないかなと。特になんか田中将斗が刺激的でしたね。また機会があったらやりたい」と田中将斗に興味を示し再戦に意欲を見せた。

最終更新:8月26日(金)1時35分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]