ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ初本塁打も投球内容を反省「ルクロイの捕球が良すぎて…」

Full-Count 8月26日(金)7時10分配信

マウンドでは制球乱して6四死球で6回5失点「打撃が話題になってるようじゃ…」

 24日(日本時間25日)に敵地で行われたレッズ戦で、日米を通じてプロ初本塁打を放ったレンジャーズのダルビッシュ有投手だが、本業のピッチングは6回を投げて4安打5失点(自責3)で、同点で中継ぎにバトンタッチするのがやっとだった。自身にとってメジャー最多となる6四死球を記録。地元紙「フォートワース・スターテレグラム」電子版によれば、投球内容についてダルビッシュ自身、反省している様子だったという。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回はわずか15球で3者凡退に仕留める上々のスタートだったが、記事は「ダルビッシュは際どいコースをボールと判定されてイラついたと言った」と伝えている。球審のストライクゾーンと自身のストライクゾーンが一致せず、マウンド上で苛立ちを覚えてリズムを乱したようだが、降板後にビデオを見直してみると、球審が正しかったと判明したとか。これについて右腕は「ルクロイのキャッチングがよすぎて、僕の心が乱れた」と冗談交じりに振り返ったそうだ。

 また、試合後の会見ではキャリア初本塁打に関する質問が集中。ダルビッシュ自身も「打撃練習中に1、2本打てそうな気がしていた」と機嫌よく答えていたそうだが、ふと思い出したように「でも、自分は投手だから、バッティングが話題になっているようじゃダメですね」と、自ら投球内容について反省の弁を口にしたという。

 打線の援護を受けながら、同点で救援にマウンドを譲ったが、8回にベルトレがメジャー通算2900安打目となる勝ち越し二塁打を放って、チームは6-5で勝利した。次戦は本業の投球に磨きを掛け、その右腕でチームを勝利へ導きたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月26日(金)8時17分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。