ここから本文です

マカオカジノIR運営大手GEG、16年H1増収増益=マス伸長が寄与

マカオ新聞 8月26日(金)10時32分配信

 マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営の一角、ギャラクシーエンターテイメントグループ(銀河娯樂集團、以下GEG)は8月25日、今年(2016年)上期(1~6月)の業績発表記者発表会を行った。

 同社発出の資料によれば、売上は前年同期比1%増の約255億香港ドル(日本円換算:約3302億円)、調整後EBITDAは同13%増の47億香港ドル(約609億円)、純利益は26%増の26億香港ドル(約337億円)で、主要指標でいずれもプラスを記録した。

 GEGはマカオでIR(統合型リゾート)施設のギャラクシーマカオ、スターワールドマカオ、フランチャイズ形式のカジノ施設にあたるシティクラブを運営・展開するほか、建設資材部門も抱える。旗艦施設にあたるギャラクシーマカオの第2期拡張部、新施設ブロードウェイマカオが昨年5月27日に同時オープンした。

 GEG全社の上期カジノ売上は、2%減の241億香港ドル。内訳は、マスゲーミング(平場)が22%増の100億香港ドル(約1295億円)、VIPルームが15%減となる132億香港ドル(約1710億円)だった。マカオ市場全体の上期のカジノ売上は11.5%減だったことから、同社の健闘が目立つ格好となった。

 GEGの呂志和会長は記者発表会の中で、マカオの上期のカジノ市場では安定化の兆候とマスへの重心の移動が見受けられたとした。また、旗艦施設ギャラクシーマカオの第3期拡張工事を今年中、第4期についても来年に着手するとし、いずれもフロア面積の大半をコンベンション・エキジビション活動やレジャー、ファミリーに適合したノンゲーミング(非カジノ)メインのファシリティとする方針を示した。

最終更新:8月26日(金)10時32分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。