ここから本文です

京都ルネス、新病院が来月2日開院 免震構造の7階建て

両丹日日新聞 8月26日(金)8時0分配信

 医療法人福冨士会(冨士原正人理事長)が福知山市末広町の福知山駅前で新築工事を進めていた京都ルネス病院が完成し、9月2日に開院する。27日午後1時から5時まで、一般向けの内覧会を開く。

 新病院は、旧病院から約200メートル離れた府道福知山停車場篠尾線沿いに位置する。鉄筋コンクリート造り7階建て、延べ床面積1万660平方メートル。災害に強い免震構造で、地域医療の一翼を担う。

 診療科は38科で変更なし。新病院に36科が入り、旧病院は「京都ルネスクリニック」に名称変更して小児科、小児リハビリテーション科を残す。がん検査のPET(陽電子断層撮影)装置も移設できないため、旧病院に残して対応する。

 9月1日は旧病院から新病院へ入院患者の移送をするため外来は休診になる。一般向けの内覧会は、事前申し込みはいらないが、駐車場に限りがあるため公共交通機関の利用を呼びかけている。

 内覧会の問い合わせは京都ルネス病院、電話(22)3550へ。

両丹日日新聞社

最終更新:8月26日(金)8時0分

両丹日日新聞