ここから本文です

ワールド女子セブンズシリーズが日本に来る! 北九州が開催地に決定!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 8/26(金) 10:50配信

 ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビーは25日、女子7人制代表の強豪が競う「HSBC ワールドラグビー 女子セブンズシリーズ 2016-17」の開催地を発表し、来年の4月22、23日に予定している第3ラウンド(もしくは第4ラウンド)は福岡県の北九州市で開催されることが明らかになった。

精いっぱい咲いた日本のサクラ 女子セブンズ日本代表はリオ五輪10位

 2012年に始まったワールドラグビー女子セブンズシリーズが日本でおこなわれるのは初めて。男子シリーズでは2000~2001年、2012~2015年に東京が開催都市のひとつだったが、2016年から外れている。
 オリンピックの正式競技となった7人制ラグビーは今年、リオデジャネイロオリンピックで初めて実施され、ますます注目度が高まっており、2020年の東京オリンピックでメダル獲得を目指す日本にとって、ワールドセブンズシリーズ開催は人気拡大、代表チーム強化などへ追い風となる。

 女子セブンズ日本代表は2016-17シーズンのコアチーム入りを逃したが、北九州大会にはホスト国として参加することとなり、リオ五輪で10位に終わった悔しさを晴らしたいところだ。

「HSBC ワールドラグビー 女子セブンズシリーズ 2016-17」は、今年12月1日にドバイ大会で開幕。第2ラウンド(2017年2月3、4日)はオーストラリアのシドニーでおこなわれ、4月22、23日が北九州大会、そしてカナダのブリティッシュコロンビア州ラングフォード大会(5月27、28日)と続き、6月24、25日はフランスのクレルモン=フェランがホストとなる(全6ラウンドおこなわれる予定だが、1大会については日程・開催地とも未定)。

最終更新:8/26(金) 10:50

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]