ここから本文です

愛知製鋼、磁気センサ使用の車自動運転支援システムの実証試験

鉄鋼新聞 8/26(金) 6:00配信

 愛知製鋼(社長・藤岡高広氏)は、独自技術である高性能磁気センサ(MIセンサ)を用いた自動車の自動運転(無人走行)支援システムの開発を推進する。道路に一定間隔で微弱な磁気マーカを埋め込み、自動車側に搭載した磁気センサがその磁気を適切に感知することで、的確に車線を認識する走行へとつなげる。すでにテストコースでの実証試験を行っており、さらに実験を重ねる。自動運転技術は交通事故を減らし渋滞緩和にもつながる技術として注目を集めているが、同社の持つ技術を生かせる分野として、今後実用化に向けた取り組みを強化する。

 自動運転は自動車を機械・電子制御で運転する技術コンセプト。技術的に完成すれば、人が運転する必要がなくなるほか、交通事故の減少、自動車の燃費向上などにもつながる。また自動車のボディ構造なども変わってくる可能性がある。
 トヨタ自動車なども道路のレーン検知システムと車同士の無線通信を組み合わせた支援システムを実験し、実用化に向けた開発に力を入れている。
 MIセンサの活用は自動運転の中心技術となる走行環境認識技術の分野。カメラやレーダーなどとともに、MIセンサによって走行車線を適切に認識し、自動車が常に正しい位置情報を得て安全に走行することを支援するとともに、先行車を追従できる仕組みにも役立つと期待される。
 MIセンサは、超小型、高感度、低消費電力、高速応答などの優れた特徴をもつ磁気センサ。モバイル商品や腕時計などに装着する電子コンパス(地磁気検知)として、累計1億個以上の出荷実績がある。

最終更新:8/26(金) 6:00

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。