ここから本文です

チルドハンバーグ 高級志向で販売増強 夕食需要喚起へ 食肉メーカー

日本農業新聞 8/26(金) 7:02配信

 和牛や牛肉100%など素材にこだわったチルドハンバーグの販売強化に、食肉メーカーが相次いで乗り出す。伊藤ハム(兵庫県西宮市)は来月、シリーズ展開する商品に「自家製和風おろし」味を追加。他社も商品のリニューアルなどを計画する。背景にあるのは、グラノーラ市場の拡大によるハム・ソーセージの朝食需要の縮小だ。メーカー各社は、高級感を強調し、手軽な総菜として夕食需要を喚起する狙いだ。

 伊藤ハムは9月、「旨(うま)包ボリュームリッチハンバーグ」シリーズに、しょうゆベースの和風おろし味をシリーズに加える。昨年春からシリーズ展開し、これまで4商品をそろえた。

 特徴はボリュームだ。外食店を意識し、従来商品より3割多い160グラムの牛肉を使う。「子育てが終わり、料理をしなくなった高級志向が強い消費者から引き合いが強い」(広報担当)という。

 独自のブランド牛を使った肉などを販売する、米久(静岡県沼津市)もハンバーグの販売を強化。9月に原料の6%に和牛を使った「国産黒毛和牛入り 超肉ハンバーグ」シリーズをリニューアル。ソースの量を従来より4割多い20グラム増やし、ぜいたく感を強調する。

 チルドハンバーグというと、弁当用のイメージが強い。同社では「消費が外食から内食に移り、高級志向を持つ人も増えている」と、今年3月に販売を始めたばかりだが、本社のある静岡県を中心に売れ行きは堅調という。

 JA全農ミートフーズは和牛100%の「黒毛和牛ハンバーグ」(398円・税別)を10月に売り出す。製法を変え、よりふっくらとした食感を生み出した。焼き目も付けた。

 ハンバーグ好きの有志でつくる日本ハンバーグ協会は「高齢化で電子レンジ調理が増え、需要はさらに高まる。スーパーは客単価の引き上げを狙い、こうした差別化につながる商品の扱いを増やすだろう」とみる。

日本農業新聞

最終更新:8/26(金) 7:02

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。