ここから本文です

YOSHIKI、SMAPメンバーを思いやる「表立って言えない事もある」

MusicVoice 8月26日(金)8時33分配信

 12月31日での解散が発表されたSMAPについて、X JAPANのYOSHIKIは25日、出席した、楽天モバイル新CM記者会見後(都内)の囲み取材で、X JAPANの解散と再結成の経験を踏まえ、「一度離れたから自分達の目的が見えた」「何年後でも、いつか再結成してくれれば皆さん喜ぶでしょうし、僕もそれを望んでいます」とエールを送った。

 楽天モバイルの新CMイメージキャラクターに就任したYOSHIKIはこの日、記者会見で、26日に放映開始する自身出演のCM撮影秘話やCMソングについて語った。その後の囲み取材では、先日退院が報告されたX JAPANのPATAの近況、そして、解散の発表があったSMAPについて言及した。

 2月に大腸憩室炎および門脈血栓症のため入院したPATAは8月10日に、自身のフェイスブックで退院を報告している。YOSHIKIは、「PATAとは電話で話したくらいだけど、前より元気になってたみたいでした」と語り、PATAの体調は退院後も順調であることを示唆した。

 X JAPANは、1997年に解散を発表、2007年に再結成。2010年から11年にかけてワールドツアーを成功させるなど目覚ましい活躍を続けているが、その間、オリジナルメンバーであるHIDEさんとTAIJIさんの急逝や、今年のPATAの入院で活動休止を余儀なくされるなどの苦難が相次いだ。

 リーダーとして様々な状況を経験してきたYOSHIKIは、先日、年内をもって解散を発表したSMAPについて「アメリカにいた僕のもとにもそのニュースは飛び込んできました。あれだけ素晴らしいグループなんで、とても残念です」と率直な感想を述べた。

 SMAPについては解散を巡る様々な情報が飛び交っている。YOSHIKIは「メンバーも色々意見もあるだろうし、中の人しか分からないこともあると思います。僕も(X JAPANの)リーダーとして色々やってきましたけど、表立って言えないこともあります」とメンバーの心中を思いやった。

 更に、「皆さんは生きてますから。僕らは再結成する時、亡くなったメンバーの壁がありましたので。ファンの人たちも待っているでしょうし、今後、もし、何年後でも、いつか再結成してくれれば皆さん喜ぶでしょうし、僕もそれは望んでいます」と、彼らが生きている限り、ファンのためにもSMAPとして再び活動することへの希望を明かした。

 また、YOSHIKIは「僕らに関しては、色んなことがあったことによって有り難みが分かったというか、自分たちの目的が、一度離れたから見えた、というのはありました」と解散した後に改めてバンドの存在意義を知ったことを明かした。(取材・松尾模糊)

最終更新:8月26日(金)8時33分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。