ここから本文です

恋も駅も「読めない」 鉄道好き演歌歌手・徳永ゆうきさん、難読駅名を歌い上げる

乗りものニュース 8/26(金) 7:00配信

「ほずえ」「してぐり」など計33の難読駅名が集合

 演歌歌手の徳永ゆうきさんが、全国の難読駅名を詞に織り込んだ歌『恋は難読駅名』を発表しました。

【動画】徳永ゆうき『恋は難読駅名』

 鉄道好きとしても知られる徳永さんが、“ぜんぜん読めない”恋愛の難しさを、“ぜんぜん読めない”駅名とともに歌い上げます。

 歌では「『ほずえ』つく」から始まり「交互に『いずんま』『してぐり』」まで計33の駅名を詞に採用。「ほずえ」はJR高山本線の上枝駅(岐阜県高山市)、「いずんま」「してぐり」はそれぞれJR飯田線の出馬駅(浜松市)、為栗駅(長野県天龍村)です。

 間奏では徳永さんの特技“車掌ものまね”も披露されます。映像に出てくる駅名標や駅名看板の写真は「Twitter」で呼び掛けて集まったものが使用され、さらに一部のシーンでは、アイドルグループ「NMB48」の藤江れいなさんが友情出演しています。

 徳永さんは1995(平成7)年生まれで現在21歳。「NHKのど自慢チャンピオン大会2012」でグランドチャンピオンを受賞し、2013年に『さよならは涙に』で全国デビューしました。キャッチコピーは「日本の孫」。今年3月には4枚目のシングル『函館慕情』を発売し、この歌は道南いさりび鉄道の応援ソングとしても起用されています。趣味は鉄道撮影、特技は高速指パッチン、柔道(黒帯初段)、車掌ものまねです。

乗りものニュース編集部

最終更新:8/26(金) 7:07

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。