ここから本文です

富士吉田市、噴火備えた計画細分化

山梨日日新聞 8月26日(金)15時21分配信 (有料記事)

組単位で避難先指定 迅速行動へ施設を特定

 富士山の噴火を想定した広域避難計画で、富士吉田市は自治会内の組や班単位で、受け入れ先となる自治体の施設を決めた。これまでは一つの自治会に対し、1~21カ所の施設を割り当てていたが、細分化することで市民のスムーズな避難につなげる。…本文:989文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8月27日(土)9時40分

山梨日日新聞