ここから本文です

新型「セレナ」発売、国内メーカー初!渋滞時のハンドル・アクセル・ブレーキ全てを自動化へ

オートックワン 8/26(金) 11:50配信

8月24日に発売した日産 新型「セレナ」は、自動運転技術「プロパイロット」を初搭載するということで話題となった。

>> 新型「セレナ」を写真で見る(138枚)

「プロパイロット」は、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術である。渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術となる。

システム作動時は、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する。

◇先進機能

・高速道路における渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御する自動運転技術「プロパイロット」(グレード別設定またはメーカーオプション)

・クルマがステアリングを操作して駐車をサポートする「インテリジェントパーキングアシスト」(メーカーオプション)

・夜間や悪天候時でもクリアな後方視界を確保する「スマート・ルームミラー」(メーカーオプション)

・上空から見下ろすように周囲を確認できる「アラウンドビューモニター」(メーカーオプション)

◇安全機能

・危険を察知して衝突を回避、または衝突時の被害を軽減する「エマージェンシーブレーキ」

・駐車場などでの衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」(グレード別設定またはメーカーオプション)

・意図せず走行車線を逸脱しそうな場合に注意を喚起する「LDW(車線逸脱警報)」

◇その他の安全装備、環境への取り組み

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

・ヒルスタートアシスト

・進入禁止標識検知(グレード別設定またはメーカーオプション)

・ふらつき警報

・フロント&バックソナー(グレード別設定またはメーカーオプション)

・SRSエアバッグシステム<前席>

・SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム<前席>(グレード別設定またはメーカーオプション)

・ABS(アンチブレーキロックシステム)

・EDB(電子制御制動力配分システム)

・JC08モード燃費への対応

・全車で「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得

・LEDヘッドランプ<ロービーム、オートレべライザー付、プロジェクタータイプ、シグネチャーLEDポジションランプ付>(グレード別設定またはメーカーオプション)

・オートライトシステム(薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)

最終更新:8/26(金) 11:50

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革