ここから本文です

仮想現実も楽じゃない。VR覇者への道

ギズモード・ジャパン 8月26日(金)20時40分配信

「おっしゃー!! VR買ったぞー! 現実とおさらばだもんねー!!」

という夢をVRにお持ちのみなさま、ちょっと待ってください。昨今、話題になりっぱなしのVR。話を聞いたり、一度でも体験してみると欲しくなりますよね。ただ、実際に家に持ち帰ってしこたまプレイする姿を現実的にちゃんと想像したことありますか?

おそらく多くの方が、家にこもりっきりぱなしで現実には戻らんぞっ気軽に考えているかもしれません。でも現実は違いました。先日、ギズモード・ジャパン編集部にOculus Riftが届いたんです。VR大好きな私はやっぱりいろいろ楽しみたいわけで、ずーっとプレイしていました。そしたらね…まあいろいろと心構え、準備が必要だということが判明したんです。

そこで今回は読者の皆様に「準備前」「準備中」「プレイ後」で発覚したことをお届けします。全てはVRの明るい未来のために。

準備前に発覚したこと

・Oculus Riftのパッケージはスマートだった

今まで体験してきたHTC ViveやPS VRはヘッドセットとPS/PS4を接続するのにプロセッサーユニットが必要になります。しかしOculus RiftはヘッドセットからそのままPCに接続できるんです。またデザインもすっきりとしたスマート仕様。

ヘッドホンはヘッドセットの側面にくっついているので必要ありません。これもまたスマート。しかも音質が想像以上にいいんです。

提案:身の回りのものをスマートに済ませたい方にはOculus Riftが一番いいかもしれません。VR内で手の動きをトラッキングしてくれる専用コントローラーが同梱されてないのが残念ですが、別売りで販売される予定です。

・ハイスペックパソコンは当たり前のように必要

はい、これは言うまでもなくVRの常識ですよね。しかしOculus Riftが届いて「いざプレイ!」ってなった時に、編集部を見渡すと対応するPCは一つもなかったんです…。そこで今回、ギズモード・ジャパンはある超スペックPCをDellさんから特別にお借りしました。

そうです。ゲーミングPCでおなじみのAlienwareのVR対応デスクトップPC「Area-51」をお借りしました。

宇宙からやってきた謎の物体のようなかっこいいフォルムは、インテリアとしてもお洒落なデザインです。

実際にセッティングしてみました。でかいです。しかしこの物体の中には、VR体験をするのに最適化されたスペックが詰め込まれています。

提案:PCの自作なんかできない、オールインワンが欲しい、という方は、VR対応デスクトップPCをそのまま購入するのがいいでしょう。お値段は張りますが、お手軽にVR体験ができます。もし自分で作ったPCでうまいこと動かない…なんてことになったら絶望しかありません。

1/2ページ

最終更新:8月26日(金)20時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]