ここから本文です

市職員がイラスト無断使用し32万円賠償 佐賀・小城市

佐賀新聞 8月26日(金)11時56分配信

 佐賀県小城市は25日、市職員が使用許諾を得ずにイラストをチラシに掲載して著作権を侵害したため、京都市のデザイン会社に約32万円の損害賠償金を支払うと発表した。

 市によると、無断掲載したイラストは、デザイン会社ホームページ上にあった家族でラジオ体操を楽しむカット用素材。市児童センターと生涯学習課の女性職員3人が2015年6、7月にラジオ体操への参加を促すチラシ(2種類)を作成する際、インターネット検索で見つけた。無料で使えると勘違いしたという。

 今年4月11日、デザイン会社からイラスト無断使用の内容証明書が届き、著作権侵害が発覚した。市は顧問弁護士と相談し、デザイン会社が規定するイラスト使用料に沿って賠償額を決めた。7月26日に専決処分した。

 市は無断使用した職員の処分は見送り、職員全員にネットからのイラスト借用への注意を喚起した。

最終更新:8月26日(金)11時56分

佐賀新聞