ここから本文です

[移籍]バルセロナ、アヤックスからクラブの哲学を理解するGKシレッセン獲得を正式発表

theWORLD(ザ・ワールド) 8月26日(金)8時5分配信

オランダ代表で不動のスタメン

バルセロナはアヤックスからオランダ代表GKヤスパー・シレッセン獲得を正式に発表した。バルセロナとシレッセンは5年契約を結ぶ。

同選手の移籍金は1300万ユーロと状況によって200万ユーロのボーナスが加算される形で支払うという。シレッセンは25日にメディカルチェックを通過し、クラブの公式サイトを通じて「バルサに加入できて、とても幸せだ」とコメントしている。公式の入団発表は26日に行われる予定となっている。

現在27歳のシレッセンはNECの下部組織出身。2008年にプロデビューを果たすと2011年にアヤックスに移籍した。バルセロナの公式サイトでは同選手について、バルセロナに縁のあるフランク・デ・ブール監督、ルイス・ファン・ハール監督とともに過ごしてきたことからポゼッションプレーに慣れており、クラブの哲学がバルサに似ているアヤックスから加入すると紹介している。昨季はリーグ戦33試合でアヤックスのゴールマウスを守り、オランダ代表として不動の位置を確保している。PKが苦手なGKとして知られている。

バルセロナではこれまでチリ代表GKクラウディオ・ブラボとドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンがローテーション起用されていが、ブラバがジョゼップ・グアルディオラが監督を務めるマンチェスター・シティに移籍、後任を探していた。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月26日(金)8時5分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。