ここから本文です

北日本 27日明け方まで非常に激しい雨のおそれ

ウェザーマップ 8月26日(金)16時58分配信

 寒冷前線の影響で、27日明け方にかけては北日本を中心に雷を伴った激しい雨が降り、局地的に非常に激しい雨の降るおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

 オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が27日の午前中にかけて北日本を通過し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、北日本を中心に大気の状態が非常に不安定となる。
 27日の明け方にかけては北日本を中心に雷を伴った激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨の降る所がある見込みだ。27日夕方までの24時間に予想される雨量はいずれも多い所で、北海道・東北で80ミリ。
 
 23日までの大雨で、すでに地盤の緩んでいるところや増水している河川があるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風にも併せて注意が必要だ。

最終更新:8月26日(金)17時2分

ウェザーマップ