ここから本文です

2リッターターボディーゼルの実力は!?「プジョー 508 GT BlueHDi」【燃費レポート】

オートックワン 8/26(金) 17:28配信

2リッターのターボディーゼルエンジンを積む「508 GT BlueHDi」をテスト!

PSAグループがついに、日本にもディーゼルの導入を開始した。ディーゼルエンジン搭載市販車を歴史上2番目に販売したプジョーとしては遅きに失した感もあるが、まずは喜ばしいといえる。

ラインナップ最強のパワースペック・2リッターBlueHDiを積むスポーツモデル「プジョー 508 GT BlueHDi」[画像33枚]

これから多数のディーゼルモデルが用意されるが、まずはその第1弾として投入された「プジョー508 GT BlueHDi」をテストに引っ張り出したので、その印象をお伝えしよう。

今回テストした508 GT BlueHDiは、4気筒DOHCターボディーゼルで、2リッター180ps、400Nmのトルクを有するエンジンで、アイシンAWの6速オートマチックが搭載される。

テスト期間は7月15日から20日までの5日間。郊外のオープンロードや、高速を中心に749kmを走行した。燃費計測は車載計を使用している。

市街地/“タイヤ選択”が大きな問題

「プジョー 508 GT BlueHDi」市街地における実燃費:13.2km/L

走行距離:244.3km

早速走り出してみよう。これまでの508、というより大型のプジョーのサルーンはおしなべてゆったりとした、いわゆる“猫アシ”と呼ばれる快適な足回りを持っていた。これまでのガソリンエンジン搭載の508も同様で、このままどこまでも走り続けていたいと思わせる素晴らしいものであった。

しかし、今回テストした508 GT BlueHDiは、それとは全く“逆”の印象をもたらした。

とにかく、乗り心地が悪いのだ。具体的には路面の状況を全てストレートに乗員に伝えるもので、当初空気圧が高めだったのでその影響かと思われたが、適正の圧に戻してもその印象は全く変わらず、疲れているときにはあまり乗りたくないものであった。

確かにフロントヘビーになったとはいえ、そこまで劇的に変化した乗り心地の要因は何か。それは「タイヤ」だ。これまでテストした508は、215/60 R16や215/55R17であったのに対し、今回のテスト車は235/45R18という大型扁平タイヤが装着されていたのだ。

GTという名前からこういったタイヤが選ばれたのかもしれないが、長距離を疲れなく走ることが得意な508の持ち味を激しく逸しているこの選択は大きな間違いだと言わざるを得ない。

更に、このタイヤがオーバーサイズであることを裏付けるものとして、スタートから20km/hほどまでで感じられるステアリングの不自然さが挙げられる。具体的には路面の轍にすっぽりはまったような感じで、切り始めに抵抗を覚えるものだ。

僅かにステアリングを切ろうと思っても、その抵抗に合い、そこからより力を入れないと切れないのだ。これまでのタイヤサイズでは全く経験したことのない違和感なので、これもまた、このサイズがクルマにあっていないからだと思われる。

1/3ページ

最終更新:8/26(金) 17:28

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。