ここから本文です

鳥栖・DF谷口「ホームでリベンジ」 27日ホーム新潟戦、ステージVへ奮起を

佐賀新聞 8月26日(金)12時12分配信

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2ステージ第10節の27日午後7時から、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムでアルビレックス新潟と対戦する。前節の磐田戦は終了間際の失点で手痛いドローとなった鳥栖。残留争いをする新潟を迎え撃ち、ステージ優勝争いに踏みとどまりたい。

 鳥栖は第2ステージ5勝3分け1敗(勝ち点18)の3位で年間順位は11位。磐田戦はMF鎌田の得点で先制したが、後半ロスタイムにPKを与え、追い付かれた。終了間際の際どい判定での幕切れに、フィッカデンティ監督は「残念な気持ちで終わった」と苦い表情だった。

 ただ、内容については「ナイスゲームをした手応えはある」と指揮官。選手たちも新潟戦で「鬱憤(うっぷん)を晴らす」準備をしてきた。

 新潟は第2ステージを3勝6敗(勝ち点9)の14位。年間も14位と残留争いを繰り広げているが、前節は最下位の福岡に対しMFレオ・シルバが2得点を奪うなど3-0で快勝した。勢いに乗るだけに油断はできない。

 J1昇格後、鳥栖は新潟に3勝6敗。第1ステージは0-1で敗れた。DF谷口は「今季の中でも一番やられたなっていう印象」と振り返り、「ホームでリベンジしたい」と力を込める。

 ここ数試合、鳥栖攻撃陣は決定機をつくりながらも追加点を奪えていない。MF高橋は「2、3点目を取れていれば試合を決められていた」と反省する。W杯アジア最終予選の日本代表にGK林、韓国代表にDFキム・ミンヒョクが選ばれるなど守備陣は評価されているだけに、攻撃陣の奮起が期待される。

最終更新:8月26日(金)12時12分

佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合