ここから本文です

家城啓之が考えるカッコイイ大人とは?

TOKYO FM+ 8/26(金) 12:36配信

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
8月19日の放送では、“マンボウやしろ”改め、家城啓之さんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。

RYO-Z 家城さんは先日、お笑い芸人を引退ということで舞台はルミネが最後ということに。

家城 はい、そうです。脚本家になりました。

RYO-Z これは「俺に表舞台に固執する何かはなかった」ということですか?

家城 解散してからが大きかったですね。

RYO-Z ああ、カリカの解散が。

家城 はい。コンビでネタをやっていてケンカする時期もありましたけど、ひとりになってネタをやっても全然楽しくなかったですね。

RYO-Z 楽しそうだったもん、みんなとやっている感じ。

家城 本当に楽しかったんですよ! だから最後にコントをやりたい人、RYO-Zさんも含めてみなさんとたっぷりコントをやらせてもらって、それでやめようと思っていたんで。やっぱりコントが好きなんで、「ひとりでやったら面白くない」って気持ちが数年前から出てて、そのときから芸人から気持ちが離れていたというか、コント以外で楽しいことって、家で話を考えて台本を書くのが次に楽しかったので。そしたら一番楽しいことをやったほうがいいかなと思って。

RYO-Z ちなみに本を書いたりと、裏の仕事になっていくわけですけど、その先のビジョンもあるんですか?

家城 5年後、10年後……夢の話になるんですけど、自分の好きな街に行って……。台本ってもう人に会わなくても書けるので、いつでも好きな街にいたいですね。

RYO-Z おお!

家城 たとえば沖縄に行きたかったら沖縄に行って、仙台に行きたかったら仙台に行って、バンコクに行きたかったら行って。そういう感じですね。行きたい場所に行って、そこでちゃんと書くものを書いているっていうのが理想ですね。

RYO-Z 徳島に行ったことはないんだけど、すごく良いらしいね。

家城 徳島……! 行ったことないっすわ。

RYO-Z 朝から飲んでるらしいよ……!(笑)。

家城 四国ですよね。

RYO-Z そう、愛媛と香川は行ったことがあるんだけど、高知と徳島は行ったことがなくて。

家城 なんて言うんですか、東北・日本酒、九州・焼酎。そんな中で四国の日本酒、戻りカツオがすごいらしいですね。

RYO-Z 特に徳島がね、そんな所でバッタリ会いたいよね! 「あれ!?」って!

家城 良いですね! 昼間の市場で日本酒飲みながら……! 最高ですね!!! 呼びたいですね!

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 12:39

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]