ここから本文です

県電気商業組合 青年部会を発足/富山

チューリップテレビ 8/26(金) 9:39配信

 街の電器屋さんがタッグを組んで生き残りを目指します。

 県内の家電製品を販売する業者でつくる県電機商業組合が青年部会を発足し25日設立総会を開きました。

 総会で、会長に選出された黒田保光(くろだやすみつ)氏が、「お客様との信頼関係を築いて、何でも解決してくれる電器屋さんというイメージを定着させていきたい」と意気込みを語りました。

 青年部会では、9月を強化月間と位置づけていて、今後、高齢者住宅への無料安全点検訪問など大手量販店とは一味違った、身近なサービスで生き残りを目指します。

 県電機商業組合によりますと、県内の電器店は後継者不足や大手家電量販店の進出などで10年前から半分以下に減少し、200店を下回っています。

チューリップテレビ

最終更新:8/26(金) 9:39

チューリップテレビ