ここから本文です

<河川敷16歳殺人>暴行して水に沈めた…少年4人逮捕、2人が主導

埼玉新聞 8月26日(金)22時42分配信

 埼玉県東松山市下唐子の都幾川河川敷で23日、吉見町中曽根の井上翼さん(16)の遺体が見つかり、同市の無職少年(16)が逮捕された殺人事件で、東松山署捜査本部は26日未明、殺人の疑いで、新たに中学3年生3人を含む14~17歳の少年4人を逮捕した。逮捕者は計5人となった。県警は、5人全員が集団暴行に加わったとみている。捜査関係者によると、一部の少年は「暴行して水に沈めた」という内容の供述をしている。井上さんの友人によると、井上さんは少年らと知り合って以降、「金を巻き上げられた」などと話していたことも分かった。

 新たに逮捕されたのは、東松山市の無職少年(17)▽同市の中学3年生(15)▽同市の中学3年生(14)▽川越市の中学3年生(15)の4人。

 捜査本部によると、4人のうち東松山市の15歳男子生徒は「その場にいただけで、何もしていません」と容疑を否認し、ほかの3人は「殺しました」「間違いありません」などと容疑を認めている。4人とも取り調べには淡々と応じているという。

 県警は、5人が集団で井上さんに暴行を加えて水に沈めたとみて、詳しい動機を調べている。井上さんは事件前にも暴行を加えられていたという。5人の中で17歳と16歳の少年2人が主導的な立場だったとみられる。

 4人の逮捕容疑は16歳の少年と共謀して22日ごろ、東松山市下唐子の都幾川河川敷で、井上さんを溺死させた疑い。

 県警は26日、殺人容疑で、16歳の少年と川越市の男子生徒の2人をさいたま地検に送検した。

 井上さんの友人らによると、逮捕された5人は遊び仲間で、うち3人は「パズル」と呼ばれる地元の不良グループのメンバーだった。17歳の少年と14歳男子生徒は兄弟という。井上さんは今年5月ごろに一部の少年らと知り合い、7月下旬に「金を巻き上げられた」「万引させられた」などと漏らしていたという。

 井上さんの遺体は23日午前8時ごろ、発見された。全裸で、下半身と上半身の左側が埋まっていた。前日の22日は台風の影響で夕方には都幾川が増水していた。

 16歳の少年は「電話やメールを無視されたので殺した」などと供述。県警はほかにも複数の少年が関与しているとみて、10人以上の少年らから事情を聴いていた。

最終更新:8月26日(金)23時45分

埼玉新聞