ここから本文です

あのダイソン球と騒がれた星の謎がまた復活

ギズモード・ジャパン 8月26日(金)23時13分配信

昨秋エイリアンのメガ構造物「ダイソン球」と騒がれて以来、地球人の心を揺さぶり続けている星「KIC 8462852」で、またしても妙な現象が確認されました。

カリフォルニア工科大学の天文学者Ben Montetさんとカーネギー研究所のJoshua Simonさんが、ケプラー宇宙望遠鏡で回収したフルフレームの写真をすべてフォトメトリック解析した結果、星が20%暗くなる奇行に加え、ここ4年間は明るさが下がりっ放しであることがわかったのです!

「このスピード、直線を刻まない不規則性には驚くばかりです。まさかと思ってずっと反証を試みてきたんですが、どうしてもできないんですよ」(Montetさん、Gizmodoの取材に答えて)

「KIC 8462852」の最初1000日分の観測記録では、年間約0.34%のペースで明るさが落ちていたのですが、次の200日では2%ガクンと落ちる局面があり、ケプラー宇宙望遠鏡で観測した4年間全体で見ると約3%も落ちていました。こんなに暗くなる星は異例であり、まったく説明がつきません。念のため付近の星500個も確かめてみたのですが、似た現象は確認されませんでした。結果はarXivに掲載中。

「KIC 8462852」が妙に暗くなる奇行は、ケプラー宇宙望遠鏡の写真データベースからイエール大学ポスドクのTabetha Boyajianさんが発見しました。ほんで、一般には「Tabby's Star」と呼ばれてます。

さらに今年に入ってルイジアナ州立大学のBradley Schaefer物理&天文学教授が19世紀末の感熱板まで遡って調べてみたところ、過去100年間になんと19%も暗くなってる!ということになりました。ところがその論文発表直後に、減光はデータの欠陥によるものだ、と穴を指摘する声があがって、Schaefer教授が反論、ちょっとした険悪ムードが広がっていました。

そこで長期観測データを別の角度から見たら決着するんじゃね?と腰を上げたのがMontetさんたちです。

「論争に決着をつけるには、もっとベースラインを長くとるか、データの精度を上げるかだ、という話になったんです。ケプラー宇宙望遠鏡による後者のデータがあったので、それを調べてみることにしました」とMonetさん。結果的に、Schaefer教授が発見したものより減光のスピードは2倍という解析結果になってしまいましたが、「一致はしていないけど、方向性は違わない」と言ってますよ。

これについては、宇宙人の巨大構造物ダイソン球で光を遮られてるとする説を最初に提唱したペンシルバニア州立大学Jason Wright天文学准教授も同意見です。確かに1世紀に渡って暗くなり続けているという先のSchaefer教授の観測の信ぴょう性を増すものだと語り、「この種の現象を説明しうるモデルは実存しない。こんなおもしろいことないぞ!」とエンジン復活。

長期の減光現象に異議を唱えたヴァンダービルト大学Keivan Stassun天文学教授にも念のため話を聞いてみたら、「Montetさんの新発見は興味深いね。われわれが考えうる限りの単一現象ではとても説明できないものです。この謎を解くには複数の現象を組み合わせて考える必要があるかもしれない」と言ってましたよ。

流星の嵐、惑星衝突で出た破片で遮られてる、遠くの星が歪んで見えてるだけ、など有力な説はほかにもありますが、「どれも帯に短し襷に長しなんすよね」とMonetさん。

謎の最終決着に向けて、第1発見者タビーさんはクラウドファンディングで観測費用を集め、ラス・クンブレス天文台グローバル望遠鏡で丸1年ライブウォッチングすることになりました。もしガクンと減光する現象が確認されれば、世界中の天文望遠鏡にアラートが流れて、地球人の総力を挙げて観測することになります。謎のコード解明になるといいですね。

top image by NASA, JPL-Caltech

Maddie Stone - Gizmodo US[原文]

(satomi)

最終更新:8月26日(金)23時13分

ギズモード・ジャパン