ここから本文です

RADWIMPS 映画「君の名は。」でアフレコに挑戦

TOKYO FM+ 8/26(金) 17:48配信

8月24日にニューアルバム『君の名は。』をリリースしたRADWIMPSが、同日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。このアルバムは8月26日に公開する長編アニメーション映画「君の名は。」のサウンドトラックも兼ねています。さらにギターの桑原彰さんとベースの武田祐介さんは映画の音楽だけでなく、アフレコにも挑戦したとのこと。そこには、ボーカルの野田洋次郎さんからの後押しがありました。

◆◆◆ ◆◆◆ 
とーやま校長「一足先に映画を見させてもらったんですけど、映画のエンドロールに桑原先生と武田先生の名前がありましたよね。出てます?」

桑原「気づいちゃった?」

あしざわ教頭「どこにいらっしゃったんですか?」

野田「絶対気づかない! 言われて見ても意外と分からなかったです」

武田「結構馴染んでるよね」

野田「裏話なんですけど、実は、このアフレコ予定には無かったんですよ。1年半前に音楽を僕たちがやるって決まった時から、くわが俺に耳打ちしてくるんですよ。『アフレコとかやれたりすんのかなぁ?』って」

全員「(笑)」

野田「ああいうのはプロがそれぞれの持ち場でやっているから、そうやって軽はずみに言うもんじゃないんだよ。って言ったら、そうだね……ってなったんですけど、3ヶ月くらいするとまたアフレコの話をしてくるんですよ!」

あしざわ教頭「進展どう? みたいな(笑)」

野田「定期的にアフレコの話を入れてくるんですよ。いよいよ全部の音源のストリングスが終わって、“1年半頑張ったね!”みたいな感じでねぎらっていたら、くわが隣にスッと座ってきて『やっぱり(アフレコ)やりたい!』って」

あしざわ教頭「はっきり言ったんですね(笑)」

野田「自分じゃ言えないんだなって思ったんで、その夜に監督にメールして、『申し訳ないんですけど、くわが1年半前から声をやりたいみたいなんですけど……。でもプロの皆さんの領域なんで……』って超長いメールを送ったんです。そしたら、そのシーンを作ってくれて」

とーやま校長「優しい~」

野田「俺は断固拒否して、二人でやって。って」

武田「いつの間にか俺の名前が入ってましたね(笑)」

桑原「やらせてもらっておいてアレなんだけど、死ぬほどやりたかったって感じじゃなくて……結構やりたかったんです」

全員「(笑)」

野田「僕は1年半かけて5回くらい言われたんですよ(笑)」

とーやま校長「俺、全然わからなかったです」

桑原「これ見つけられた人いたらすごいと思います!」

野田「意外と二人とも上手いんですよ! 監督がしっかり演出したんでしょ?」

武田「結構録り直しましたね」

野田「最初は二人で喋らせたんですけど、全然らちが明かなくて(笑)」

武田「お互い、演技するのが恥ずかしいじゃないですか(笑)」

桑原「俺と武田で言い合うシーンなんですけどうまくいかなくて、相手役をプロの声優さんにやってもらうとお互いが引き出されてすごくよくなったんです」

とーやま校長「みんな、頑張ってさがしてみよう!」

最終更新:8/26(金) 17:48

TOKYO FM+