ここから本文です

新生バイエルンを指揮するアンチェロッティ「ここで革命を起こすつもりはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月26日(金)15時30分配信

遂にブンデス開幕へ

今夏よりバイエルン・ミュンヘンを率いるイタリア人監督カルロ・アンチェロッティが、27日に開幕するブンデスリーガについて言及している。

ミランやチェルシー、パリ・サンジェルマン、そしてレアル・マドリードなど、これまで多くのメガクラブにトロフィーをもたらしてきたアンチェロッティが、次なる挑戦の舞台に選んだのはドイツだ。マンチェスター・シティへと去ったペップ・グアルディオラの跡を継ぎ、イタリアの名将がブンデス王者の椅子に座ることになる。バイエルンの公式サイトは新シーズンに向けて意気込むアンチェロッティ監督のコメントを伝えている。

「ブンデスリーガの開幕にとても興奮している。当然勝利を狙っていきたい。準備は万端だし、なるべく良いゲームにしたいね。誰を起用するかはまだ決定していないが、このチームに革命を起こすつもりはない。チームにはわずかな変化を加えるよ。縦に速くだね。今の環境はすべてが新しい。楽しみにしている」

ブンデスリーガでは積極補強を敢行したドルトムントや、ハビエル・エルナンデスが君臨するレヴァークーゼンなど、多くのクラブが打倒バイエルンを目指している。アンチェロッティにとっては手腕を見せつける絶好のシーズンとなるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月26日(金)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。