ここから本文です

次にモウリーニョに切られるのはまさかのヤングスター!? 英紙が不安視する“モウリーニョ流“への適応

theWORLD(ザ・ワールド) 8月26日(金)17時10分配信

サイドに求められる守備をこなせるか

すでにドイツ代表やバイエルンで数々のタイトルを獲得してきたバスティアン・シュバインシュタイガーをトップチームから外すなど、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョは大胆な改革を施してきた。

そうした改革が開幕2連勝に繋がっているのは確かだが、英『METRO』は今後モウリーニョとの関係が悪化するかもしれない選手としてFWアントニー・マルシャルを心配している。

マルシャルは昨季ルイ・ファン・ハールの下で大ブレイクし、チーム内得点王だった。しかし今季はズラタン・イブラヒモビッチが加わったことにより、センターフォワードでプレイできる機会は減っている。現在は左サイドでプレイしており、今後もセンターフォワードでプレイすることはほとんどないだろう。

マルシャルはサイドでも輝ける選手だが、同メディアはモウリーニョがサイドアタッカーにファン・ハール以上に守備力を求めるタイプだと指摘。それにマルシャルが今後適応できるか疑問視している。チェルシーでもエデン・アザールなどがこの仕事に苦労してきた。

また、チェルシーではモウリーニョの構想外となったファン・マタが現在は守備を頑張っており、右サイドで定位置を確保しようとしている。本来はヘンリク・ムヒタリアンが右サイドに入るかと思われたが、同メディアはマルシャルとムヒタリアンが入れ替わることになっても不思議はないと見ている。

ムヒタリアンは運動量も豊富で、守備もできる選手だ。マルシャルの守備面に問題があると判断された場合はクラブ期待のスター候補生がポジションを失うことになるかもしれない。マルシャルの攻撃センスが抜群なのは誰もが認めるところだが、同メディアの不安は本物となるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月26日(金)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)