ここから本文です

弟を暴行して死なせる 53歳の兄を傷害致死罪で起訴/富山

チューリップテレビ 8月26日(金)20時22分配信

 51歳の弟に殴る蹴るの暴行を加えて死なせたとして、富山地検は53歳の兄を傷害致死の罪で起訴しました。

 傷害致死の罪で起訴されたのは富山市中央通りの会社員、田村弘幸(たむら・ひろゆき)被告(53)です。

 起訴状などによりますと田村被告は今月7日、富山市丸の内に住む弟の修(おさむ)さん(51)の自宅で修さんに素手で殴る蹴るの暴行を加え、死なせたとされています。
 死因は急性硬膜下血腫(きゅうせいこうまくかけっしゅ)でした。
 田村被告は当初、富山中央警察署に傷害の疑いで逮捕され、傷害致死容疑で送検されていました。

チューリップテレビ

最終更新:8月26日(金)20時22分

チューリップテレビ