ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ初本塁打の衝撃…初速170キロ、飛距離125M、球速158キロ&HR

Full-Count 8月26日(金)18時15分配信

地元紙が特集、日米通算52打席目での初本塁打に9つの「事実」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が24日(日本時間25日)の敵地レッズ戦で豪快なホームランを放ち、話題をさらった。本職の投球では制球に苦しみ、6回4安打5失点(自責3)と勝敗はつかず。しかし、チームは6-5で勝利したとあって、地元メディアも日米通算52打席目で飛び出した右腕のプロ初本塁打に大盛り上がりだった。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」では「レンジャーズがレッズに勝利した試合で飛び出したユウ・ダルビッシュのホームランに関する9つのクレイジーな事実」と題して、特集している。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 記事ではまず、ダルビッシュのホームランがレンジャーズの投手としては1997年のボビー・ウィット以来19年ぶりだったこと、1か月前のカブス戦(7月16日)では左打席に立っていたことを紹介。カブス戦では、トミー・ジョン手術を受けた右肘への負担も考慮して、左打席に立ったが、この日は本来の右打ちで豪快な打撃を披露した。本人が「4、5日前に右打席で振り出して、いい感じでした。良い打球が打てていたし、『ちょっと(身体が)強くなった?』と思っていたので、もしかしたら1本出るかなと思ってました」と通訳を介して話していたことにも触れている。

 また、3つ目の「事実」として、410フィート(約125メートル)の飛距離が、今季、投手が放った本塁打で6番目だったことを紹介。1位はアリエッタ(カブス)の440フィート(約134メートル)だったという。ちなみに、打球の初速は105.2マイル(約169キロ)とされている。

本塁打を放ち、98マイル以上を記録したのは今季2人目

 さらに、今季レッズから本塁打を放った投手は5人目。そして、0ボール2ストライクからの本塁打はバムガーナー、前田健太に続いて今季3人目だったという、記事では「日本人選手は追い込まれてからもタフなようだ」との一文をつけ加えている。打席で本塁打を放ち、投球で98マイル(約158キロ)以上を記録したのは、シンダーガードに続いて今季2人目だそうだ。

 打者顔負けの打撃だったことを証明するデータとして挙げられているのが、7番目の事実。今季、シンシナティで2ストライクと追い込まれてからセンターにダルビッシュ以上の飛距離でホームランを放ったのは、ボット(レッズ)、グランダル(ドジャース)、レイノルズ(ロッキーズ)、バエズ(カブス)しかいないという。他の4人はいずれも野手だ。

 記事では、MLBで本塁打を放った日本人投手が5人目で、ア・リーグ在籍では初めてであることを紹介した上で、9番目の事実として「そして、今のところはダルビッシュが本塁打を放つとレンジャーズは無敗だ」と記し、締めくくっている。今季、レギュラーシーズンでの交流戦は残されていないが、今後はパワーヒッターとしてのイメージを植えつけたダルビッシュの打席に注目が集まることになりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月26日(金)20時43分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報