ここから本文です

県議会自民会派PT 政活費を第三者機関でチェック/富山

チューリップテレビ 8/26(金) 20:26配信

 矢後肇(やご・はじめ)元県議が政務活動費を不正に受け取っていた問題で、県議会・自民党会派のプロジェクトチームは26日、三回目の会合を開きました。

 この中で収支報告書のチェックを行う第三者機関を設置するなど再発防止に向けた提言をまとめました。

 26日の会合には座長をつとめる自民党の山本徹(やまもととおる)政調会長ら議員3人と公認会計士のメンバーが出席し政務活動費の不正防止に向けた提言を取りまとめました。

 具体的には▼政務活動費の適正な使用について公認会計士など第三者によるチェック機関を設置するほか、▼収支報告書をインターネットで公開します。

 「全般的に政務活動費をチェックするということについて、ある程度道筋をつけれることになったのではないか」「これからも今回議論したものを踏まえてやっていきたいと思っている」(山本徹座長)

 26日取りまとめた内容は今月29日に開かれる会派の総会にはかった上で、収支報告書のネット公開については県議会全体の取り組みとして提言することにしています。

チューリップテレビ

最終更新:8/26(金) 20:26

チューリップテレビ