ここから本文です

【MLB】“韓国50発男”朴炳鎬、手首手術で今季絶望!? 7月に成績低迷でマイナー降格

Full-Count 8月26日(金)19時35分配信

シーズン序盤はホームラン量産も…打率1割台で得点圏打率も低迷

 韓国出身のツインズ・朴炳鎬内野手が今季絶望となる可能性が高いと米メディアが報じている。メジャーデビューを果たした今季、開幕直後は本塁打を量産していた朴だが、不振に陥ってマイナーに降格していた。MLB公式サイトによると、右手首の手術を受け、今季中の復帰は厳しい状況だという。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 朴は韓国ネクセンで2012年から4年連続ホームラン王&打点王の2冠に輝き、14年に52本、15年には53本と2シーズン連続で50本塁打以上をマーク。ポスティングシステム(入札制度)でツインズに移籍すると、開幕から長打力を見せ、初の1試合2本塁打をマークした5月13日のインディアンス戦の時点では、シーズン42発ペースとしていた。

 しかし、打率は開幕直後から2割台に低迷。6月に入ってからはさらに数字を落とし、24日に初めて2割を切ると、7月1日にマイナー降格。メジャーでは62試合出場で打率191、12本塁打。得点圏打率は.115と低く、24打点に終わっていた。3Aでも31試合で10本塁打を放ちながら、打率.224、19打点だった。

 MLB公式サイトによると、朴は通訳を通じて「手の甲の靱帯が損傷しているようです。深刻な状態ではありませんが、痛みはまだあります。降格した後は更に痛みが増しました」と話したという。

「今シーズンの不振が、手首負傷による痛みが原因であるかは疑問」

 また、韓国紙「中央日報」(英字版)でも朴の降格について報じており、記事の中で「今シーズンの不振が、手首負傷による痛みが原因であるかは疑問である。手首負傷についてはスプリング・トレーニングの時から報じられていた」と言及している。

 一方で、「手首の痛みや、今シーズンの結果がどうであれ、朴は前向きだ。KBOでいつもポジティブであったように」とも指摘。本人の以下のコメントを紹介している。

「ものすごく大きな人生経験になりました。前向きでいるよう、心がけています。どこにいようとも、勉強するつもりで毎日を過ごしています。今すべきことは強くなった状態で復活できるよう、来シーズンに向けて準備をするということです」

 成績低迷は負傷の影響なのか、それとも実力なのか。“韓国50発男”の真価が問われるのは来季となりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月26日(金)19時47分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]