ここから本文です

サラリーカットでもいいからマンC離れたい ペップの構想外となるハートが退団へ

theWORLD(ザ・ワールド) 8/26(金) 18:30配信

減給を受け入れる考え

マンチェスター・シティ指揮官ジョゼップ・グアルディオラの構想外となっているジョー・ハートにとって、バルセロナからクラウディオ・ブラーボがやってきたことはマンCでのキャリアの終わりを告げるようなものだ。イングランド代表に招集され続けるためには出場機会を確保できるクラブに向かう必要があるだろう。

ハートの獲得にはリヴァプールらが興味を示しているが、ハートはGKとしては数少ない10万ポンド以上の週給を受け取っている選手だ。これがネックになっている部分もあるようだが、英『The Sun』はハートが減給を呑んででもマンチェスターを離れようとしていると伝えた。

ハートはグアルディオラの構想には合わなかったものの、まだイングランド代表の守護神を務める選手だ。ほとんどのクラブはハート級のGKを据えたいと考えていることだろう。同メディアは減給を受け入れる姿勢は他クラブを誘惑するものになると見ており、今後ハート獲得を巡って争奪戦となるかもしれない。

元リヴァプールのジェイミー・キャラガー氏もリヴァプールに来てほしいと語っていたが、ハートはマンチェスターを早いうちに脱出できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/26(金) 18:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報