ここから本文です

ブンデスリーガ開幕迫る 開幕戦で香川、武藤、原口、長谷部らはスタメンorベンチ?

theWORLD(ザ・ワールド) 8月26日(金)22時20分配信

26日からブンデスリーガが開幕

レスター・シティFW岡崎慎司、インテルDF長友佑都など他国のリーグでは日本人選手も本格的なスタートを切っているが、26日からは日本人選手が数多く在籍するブンデスリーガの幕が開ける。ドルトムントMF香川真司を筆頭に日本人選手の活躍にも期待がかかる。

その開幕戦を前に、独『Kicker』が開幕戦のスタメン予想を展開。まず武藤嘉紀が所属するマインツといきなり日本人対決をするドルトムントの香川は、トップ下で先発と予想。サイドにはウスマン・デンベレ、アンドレ・シュールレの新加入組2人が入ると見られている。香川は豪華になった2列目でポジション争いに巻き込まれると予想されているが、ひとまず開幕戦は先発できる可能性が高そうだ。

一方、武藤の名前はない。昨季武藤不在時に活躍したジョン・コルドバが最前線に入り、フィリップ・クレメント、ユヌス・マリ、パブロ・デ・ブラシスが2列目に入るとの予想だ。

フライブルクと対戦するヘルタ・ベルリンでは、原口元気がヴァレンティン・シュトッカー、サロモン・カルーとともに2列目で先発すると予想されている。インゴルシュタットと対戦するハンブルガーSVでも、酒井高徳がサイドバックで先発予想だ。

その他では、フランクフルトの長谷部誠、アウグスブルクの宇佐美貴史、ケルンの大迫勇也、負傷離脱が続くシャルケDF内田篤人の名前も入っていない。昨季も日本人選手の中で不動の地位を築いていた選手はそれほど多くなかったが、今季もポジション争いは過激だ。先発予想になっている香川や原口も今後ポジションを失う恐れもあるかもしれない。26日からは日本代表ファンもブンデスリーガに所属する日本人選手のチェックで忙しくなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月26日(金)22時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]