ここから本文です

インディカー、2017年カレンダーを発表。ゲートウェイが加わり全17戦に

オートスポーツweb 8月26日(金)3時46分配信

 インディカー・シリーズが2017年のレーススケジュールを発表。ボストンの代替レースとなったワトキンスグレンとゲートウェイ・モータースポーツパークでのレースが加わり、全17戦で争われる。

 2016年は、フェニックスとロードアメリカ、ボストン市街地でのレースを新たに加え全16戦となったインディカー・シリーズ。ボストンのレースは開催中止となり、代わりにワトキンスグレンが新たにスケジュールされた。シリーズは終盤戦に突入し、中断延期となったテキサス戦を含む残り3戦となった。

 25日にインディカーは、2017年のスケジュールを発表。今季追加となったワトキンスグレンでのレースが来季もカレンダーに残り、さらにゲートウェイ・モータースポーツパークでのオーバルレースが新たに加わった。

 開幕戦は、恒例となっているセント・ピーターズバーグ。2016年と同じく3月中旬に開催される。第101回目となるインディ500は5月28日に決勝レースを迎える。デトロイトは、引き続き土日にレースを行うダブルヘッダー戦に。ゲートウェイでのレースが第15戦、ワトキンスグレンが第16戦にスケジュールされ、最終戦は今年同様にソノマで開催される。

 オーバルレースは、フェニックス、インディアナポリス、テキサス、アイオワ、ポコノ、ゲートウェイの6戦。ロード/ストリートレースは11戦となっている。

 イリノイ州マディソンにあるゲートウェイ・モータースポーツパークは、ゲートウェイ・インターナショナルレースウェイと呼ばれていた全長1.25マイル(2km)でツインリンクもてぎと同じエッグ型のオーバルだ。

 現在はNASCARトラックシリーズを開催。インディカーは、過去に7度開催し2003年以来のカレンダー復帰となる。

「セント・ルイス地域の人たちにとって記念的な一日だ。いつかこのような発表ができると思っていたよ。12以上のサーキットがインディカーレースを開催したいと求めていたんだ」とゲートウェイのオーナーであるカーティス・フランソワはコメント。

 2003年にゲートウェイで勝利しているエリオ・カストロネベスは、「僕たちがゲートウェイに戻ってくることは素晴らしいことだよ。そこで成功を収めているし、CART時代に所属していたホーガン・レーシングの地元レースだったからホーガンのためにレースをしていた。僕にとっては特別な場所だ」

「セントルイスの人たちは一体となってレースを盛り上げてくれることを知っているし、不規則な形状のオーバルはやりがいがあるね。インディカーにとても適したトラックだし、楽しみにしているんだ」と語っている。

■インディカー・シリーズ2017年カレンダー
第1戦 セント・ピーターズバーグ/3月12日
第2戦 ロングビーチ/4月9日
第3戦 バーバー・モータースポーツパーク/4月23日
第4戦 フェニックス・インターナショナル・レースウェイ/4月29日
第5戦 グランプリ・オブ・インディアナポリス/5月13日
第6戦 インディアナポリス500マイルレース/5月28日
第7戦 デトロイト/6月3日
第8戦 デトロイト/6月4日
第9戦 テキサス・モータースピードウェイ/6月10日
第10戦 ロード・アメリカ/6月25日
第11戦 アイオワ・スピードウェイ/7月9日
第12戦 トロント/7月16日
第13戦 ミド・オハイオ・スポーツカーコース/7月30日
第14戦 ポコノ・レースウェイ/8月20日
第15戦 ゲートウェイ・モータースポーツパーク/8月26日
第16戦 ワトキンスグレン・インターナショナル/9月3日
第17戦 ソノマ・レースウェイ/9月17日

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月26日(金)3時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]