ここから本文です

スーパーGT:千代勝正、鈴鹿1000kmを欠場。46号車は本山/高星コンビに

オートスポーツweb 8月26日(金)15時30分配信

 スーパーGT500クラスでS Road CRAFTSPORTS GT-Rを走らせるMOLAは26日、千代勝正が今週末の第6戦・第45回インターナショナル鈴鹿1000kmを欠場すると発表した。

 千代は8月7日に決勝レースが行われた第5戦で2番手を走行していたが、35周目のTGRコーナーでブレーキトラブルにより、タイヤバリアに運転席側のサイドから激しくクラッシュ。

 クラッシュ後、千代は自力でコクピットから脱出したものの、検査のために入院。いったんは退院したが、その後に受けた精密検査で胸椎に軽度の損傷が見つかり、全治3~4週の診断を受けていた。

 そのため、千代は先週末に行われた全日本F3選手権もてぎラウンドを欠場。治療に専念していたが、25日に改めて検査を受けたところ、完治にはまだ時間を要すると診断を受けたため、今週末の第6戦鈴鹿を欠場する。

 この結果、S Road GT-Rは本山哲と、第3ドライバーとして登録されている高星明誠のコンビで鈴鹿1000kmへ挑むこととなる。

 今回の決定に対し、千代は「この度は、沢山のご心配と励ましのメッセージを頂き、ありがとうございました。そして鈴鹿での走りを楽しみにして下さっていたファンの皆様、本当に申し訳ありません」とコメントしている。

「この3週間、鈴鹿1000kmで復帰するという一心で、できることはすべてやってきましたが、残念ながらその願いは叶いませんでした」

「今はとにかく1日も早い復帰を目指して治療に専念して頑張ります。鈴鹿サーキットには行きますので、一緒に46号車と日産系チームを応援してください」

 また、MOLAの大駅俊臣チーム監督も「まず何よりも千代の1日も早い回復を願っています」とコメントを残した。

「今回の鈴鹿では、高星をチーム全体でサポートし、本山にリードしてもらいながら、チーム一丸となって全力で1000㎞という長丁場を乗り越えたいと思います」

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月26日(金)17時49分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]