ここから本文です

FE:テスト最終日はアウディのアプトがトップタイムを記録

オートスポーツweb 8月26日(金)17時17分配信

 25日、2016/17シーズンのフォーミュラE、第1回プレシーズンテストの3日目が行われ、ダニエル・アプト(アプト・アウディ・スポート)がトップタイムを記録した。

 小雨が降るなか、ウエット路面で開始したテスト最終日だが、午前のセッションが終わる頃には予選用のパワーモードで走れるほどに路面状況は回復した。アプトは1分30秒073の最速タイムを記録し、前日にジャン-エリック・ベルニュ(テチーター)がマークした1分29秒634のコースレコードには及ばないものの、その日アプトのタイムが破られることはなかった。

 100分の2秒差で、2番手タイムを記録したのはニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)。彼は初日にも2番手のタイムを記録しており、チームにとっては明るい材料となった。前日にコースレコードをマークしたベルニュは3番手を記録。4番手にはニコラ・プロスト(ルノー・e.ダムス)が続いている。


 ジャガーは最終日にハリー・ティンクネルとアダム・キャロルを起用。キャロルがセクタータイムで最速となる場面も見られたが、上位のタイムを記録することは叶わなかった。

 ウエットの状況下で、各チーム新スペックのタイヤをテストすべく周回を重ね、アプト・アウディ・スポートの2人は合わせて93周走りこんだが、NextEVはオリバー・ターベイからステアリングを引き継いだディーン・ストーンマンが多くの周回をこなせず、予定していたメニューを消化できずに終わった。

なお、第2回プレシーズンテストは9月5日~7日までの日程で、おなじくイギリス・ドニントンパークで行われる。

■2016/17フォーミュラE 第1回プレシーズンテスト3日目 タイム結果

Pos/Driver/Team/Time
1/ダニエル・アプト/アプト・アウディ・スポート/1'30.073
2/ニック・ハイドフェルド/マヒンドラ/1'30.095
3/ジャン-エリック・ベルニュ/テチーター/1'32.043
4/ニコラ・プロスト/ルノー・e.ダムス/1'30.237
5/ルーカス・ディ・グラッシ/アプト・アウディ・スポート/1'30.252
6/ジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン・レーシング/1'30.553
7/アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アンドレッティ/1'30.769
8/マーロ・エンゲル/ベンチュリ/1'34.080
9/セバスチャン・ブエミ/ルノー・e.ダムス/1'33.249
10/サム・バード/DSヴァージン・レーシング/1'32.379
11/ステファン・サラザン/ベンチュリ/1'31.317
12/ホセ-マリア・ロペス/DSヴァージン・レーシング/1'32.880
13/アダム・キャロル/ジャガー/1'33.106
14/フェリックス・ロゼンクビスト/マヒンドラ/1'32.710
15/マ・キンファ/テチーター/1'32.838
16/ディーン・ストーンマン/NextEV/1'33.389
17/ハリー・ティンクネル/ジャガー/1'33.927
18/ロビン・フラインス/アンドレッティ/1'39.067
19/ロイック・デュバル/ドラゴン・レーシング/1'43.990


[オートスポーツweb ]

最終更新:8月26日(金)18時15分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]