ここから本文です

菅田将暉、『銀魂』オールアップ迎え本音「少し寂しいです」

クランクイン! 8/26(金) 6:00配信

 au三太郎CMの鬼ちゃん役などで知られる俳優の菅田将暉が24日、自身のツイッターにて、実写映画『銀魂』の撮影がクランクアップしたことを報告した。撮影終了の寂しさを語っている。

【関連】「菅田将暉」フォトギャラリー


 本作は「週刊少年ジャンプ」で連載され、単行本発行部数累計5000万部を超える空知英秋による人気コミックが原作。パラレルワールドの江戸を舞台に、侍魂を持つ風変わりな主人公とその仲間たちの身に起こるさまざまな事件を描くエンターテイメント作品だ。主演に小栗旬。菅田は万事屋で働く志村新八役を務める。

 菅田は『勇者ヨシヒコ』シリーズも手掛ける本作の福田雄一監督が寿司をスマートフォンで撮影する写真を掲載し、クランクアップを報告。続けて「福田組の中毒性は異常だ。感謝」と充実した撮影現場だったことを明かす。

 しかし、「とか言うサラッとした文で終わろうとしたが、終わって少し寂しいです」と撮影が終わってしまったことへの名残惜しさをコメントしながら「キャストスタッフ一同お疲れ様でした!ありがとうございました!」と現場関係者一同への感謝の言葉をおくっている。

 このツイートには、菅田へのねぎらいの言葉とともに「どんな世界観でどんな風に仕上がったのか情報がどんどん解禁されるのか楽しみです」「早く菅田くんの演技がみたいです。まってます!」「大好きな銀魂の実写化、映画で観るのを楽しみにしてます!」「大好きな銀魂に大好きな菅田くんが出てくれて幸せ!」「どんな風に仕上がったのか楽しみでなりません!」と、作品に大いに期待する声が寄せられている。

最終更新:8/26(金) 6:00

クランクイン!

なぜ今? 首相主導の働き方改革