ここから本文です

織田裕二、TBS連ドラで主演! IQ246の貴族役で土屋太鳳、D・フジオカと共演

クランクイン! 8月26日(金)6時0分配信

 織田裕二が10月スタートのTBSの日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』にて9年ぶりにTBS連続ドラマの主演を務めることが決定した。共演陣には、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀といった豪華なキャストが名を連ねている。

【関連】「織田裕二」フォトギャラリー


 この作品は、やんごとなき貴族の末裔で、嫡子は代々246という高いIQが遺伝するという特別な家系に生まれた男・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が、難事件を膨大な知識と鮮やかな推理で解決する本格ミステリー。

 主役の法門寺沙羅駆を演じる織田は、TBSの連続ドラマ主演は『冗談じゃない!』(2007年4月)以来となる。沙羅駆は天才がゆえに世間知らずな部分があり、時々周囲をイラつかせるという一面も。その沙羅駆を警護するために警視庁から派遣された猪突猛進型の刑事・和藤奏子に土屋が、法門寺家に代々仕える当代の執事・賢正役にディーン・フジオカ、沙羅駆の推理能力に魅了される風変わりな法医学専門医監察医・森本朋美役を中谷美紀が演じる。

 今回の出演に織田は「毎話次はどんな話かと、僕自身楽しみにしています。共演する皆さんも初共演の方が多く、撮影が始まるのがとても待ち遠しいです」と期待をコメント。「今まで演じたことがないキャラクターですが、新たに皆さんに喜んでもらえるよう役作りに励んでいます」と役作りに意気込みを語っている。

 土屋は「共演する方々のお名前を知り、さらに日曜劇場への出演オファーということで、内容を詳しく聞く前に自然と『ぜひお願いします!』と答えていました」と待望の出演であったことを明かしながら「役と一緒に人生を歩んでいく気持ちで大切に演じたいと思います」と役への真摯な姿勢を見せている。

 また今回織田と初共演となるディーンは「初めて織田さんをTVでお見かけした時には既に、大人の世界を象徴していた日本を代表する俳優さんでした。大先輩として、また兄貴として、胸をお借りして精一杯演じさせていただければと思います」と尊敬の念を明かしている。

 ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』は10月よりTBSにて放送開始(日曜よる21時)。

最終更新:8月26日(金)11時10分

クランクイン!