ここから本文です

広瀬すず「もがき苦しんでた」 Seventeen 夏の学園祭舞台裏

クランクイン! 8/26(金) 14:00配信

 モデルで女優の広瀬すずが25日、自身のブログで「seventeen夏の学園祭2016」の反省を綴った。今回、広瀬はランウェイのトップバッターを飾ったが、思いのほか緊張し、「もがき苦しんだ」と明かしている。

【関連】「広瀬すず」フォトギャラリー


 本イベントは、今年で20回目となる集英社の雑誌「Seventeen」読者招待ファッションショー。今回はパシフィコ横浜・国立大ホールにて開催され、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズが司会を担当。全STモデルと今をときめくイケメンタレントがランウェイを歩き、抽選で招待された計3000人の「Seventeen」読者が来場し、イベントを盛り上げた。

 広瀬はブログで「いつもとは違う、大きな、ひろーい舞台に感じてぶるぶるしてた」と心境を明かし、「でも、そう思える環境にいさせていただけることが、ありがたいことで、そのなかで私は自分のあしで立ちたいとおもった。いつもとは、ひと味違う学園祭でした」と振り返り「今回は本当に皆さんに申し訳ない…と、ほんと反省しております。ごめんなさい」と謝罪した。

 ファンからは「すずちゃんも緊張していたんですね。そんなようす全然感じなかった」「トップバッターのすずちゃんすごくかわいくって輝いていました」「これからも応援してます」など広瀬を後押しするコメントが多く寄せられた。

最終更新:8/26(金) 14:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]