ここから本文です

『LEGOムービー』、今度の主役はバットマン!『レゴバットマン ザ・ムービー』公開

クランクイン! 8月26日(金)17時0分配信

 2014年、世界中でレゴ現象を巻き起こした『LEGO(R) ムービー』でヒーロー軍団を率いていたLEGOバットマンが主人公として、制作された新たなレゴ・アドベンチャー大作『The Lego Batman Movie(原題)』が、『レゴバットマン ザ・ムービー』として2017年4月1日に日本公開されることが決定した。

【関連】バットマンやスーパーマンネタも?『LEGOムービー』フォトギャラリー


 『LEGO(R) ムービー』は、アメリカにて4週連続1位の大ヒットを記録。世界興行収入4億6916万692ドルの興行成績をたたき出し、大きな話題となっている。本作は、前作から全くストーリーを変えた新作映画。ゴッサムにて幅を利かせる悪人ジョーカーに、正義の使者バットマンをはじめとしたヒーローが立ち向かう姿を描く。

 前作に引き続き監督を担当するのは、エミー賞受賞のクリス・マッケイが。LEGOシステムASの提携によりLEGOコンストラクション・トイズに基づいて、脚本に追加される構成要素については、ジャレッド・スターン(『インターンシップ』)とジョン・ウィッティントンが担当。クリス・マッケイは、ライアン・ハリスとともに製作総指揮にも携わっている。

 また、『ミュータント・タートルズ』のウィル・アーネットが『LEGO(R) ムービー』でも演じたレゴバットマン、別名ブルース・ウェインの声を再び担当。『ハング・オーバー!』シリーズのザック・ガリフィナーキスはジョーカーの声を、マイケル・セラが孤児ディック・グレイソンの声を、ロザリオ・ドーソンがバーバラ・ゴードン(バッドガール)の声を、レイフ・ファインズが執事のアルフレッドの声を担当する。

 監督のクリスは、バットマンというキャラクターについて「作品の中でもかなり人気のあるキャラクターだったし、前作の本編でも“これは映画になるぞ”とバットマンが10回くらい言っているし、このチャンスを使って、作り手たちを窮地に追い込んで、バットマンのシリーズを作らざるを得ない状況にしようと思ったのさ」とジョークを交えながら、キャラクターに対する思い入れを語っている。

最終更新:8月26日(金)17時0分

クランクイン!