ここから本文です

沖縄関係予算減額 翁長知事「謙虚に受け止める」

沖縄タイムス 8/26(金) 12:10配信

 翁長雄志知事は26日、2017年度沖縄関係予算の概算要求額が前年度比140億円減額されることに「謙虚に受け止め、執行率の向上などに努めたい」と述べた。一方で「厳しい財政状況の中で、3千億円台が確保された」とも述べ、一定の評価をした。ペルーへの出発前、那覇空港で記者団に答えた。

 知事は沖縄関係予算のうち、沖縄振興一括交付金がソフト、ハードともに減額されたことに「もうちょっと、という気持ちはある」と述べ、所要額に届いていないとの認識を示した。

 菅義偉官房長官が基地と予算のリンクに言及した影響があったかどうかは「そういう中身であるとは感じていない」と強調。国全体の財政状況や、一括交付金に関する予算の執行率などが影響しているとの考えを説明した。

 県が求めた9項目の税制改正要望で、内閣府がすべて期間の延長を要望する見通しであることには「感謝したい」と歓迎した。

最終更新:10/17(月) 12:30

沖縄タイムス