ここから本文です

「最後まで諦めないプレーを」 魚津市・大学女子野球歓迎レセプションで高円宮妃殿下がお言葉

北日本新聞 8月26日(金)20時54分配信

 第30回全日本大学女子野球選手権は26日、魚津市で開幕し、歓迎レセプションが同市のホテルグランミラージュで開かれた。全国から集まった23チームの選手を前に、高円宮妃久子さまが「仲間を信じて最後まで諦めないプレーを見せてくださり、大いに盛り上げていただきたいと思います」とお言葉を述べられた。

 レセプションは節目を記念して開催し、約700人が出席。山田徹雄全日本大学女子野球連盟会長があいさつし、堂故茂参院議員、石井隆一知事、斉藤北日本新聞社常務が祝辞を述べた。平井明成スポーツ庁スポーツ総括官(高岡市出身)が紹介された。

 出場回数が29回と出場校中最も多い富山大と跡見学園女子大が表彰された。魚津市実行委員会名誉会長の村椿晃市長の発声で乾杯した。

 各チームの紹介に続き、出席者は同市の特産品などを味わって歓談した。大谷清雅市実行委員長が閉会あいさつをした。

 27日は桃山球場での開会式に続き、同球場と天神山球場で試合を始める。決勝は31日に桃山球場で行う予定。

 全日本大学女子野球連盟主催、魚津市、市教育委員会、魚津商工会議所、市体育協会、北日本新聞社共催。全日本大学女子野球選手権魚津市実行委員会主管。

北日本新聞社

最終更新:8月29日(月)16時10分

北日本新聞