ここから本文です

WEAVER、初の対バンイベントのゲスト解禁&ダブルA面シングル発売決定!

RO69(アールオーロック) 8月26日(金)7時0分配信

WEAVERが大阪と東京で対バンイベント「Music Holiday vol.1 ~対バン始めました~」の開催を発表した。これは自身のWEB番組『WEAVER TV』内にて明かされたものになる。

このイベントは2016年12月14日(水)に大阪、2016年12月18日(日)に東京で行われ、大阪公演にBIGMAMA、LAMP IN TERREN、東京公演にandrop、雨のパレードをゲストに迎えることが決定している。チケットはオフィシャル会員WOWメンバーを対象に2016年8月26日(金)から最速チケット先行が行われる。

イベント開催にあたってメンバーは以下のコメントを寄せている。

------------------------------------------
この度WEAVERにとって初めての自主企画対バンツアーが決定しました。
「Music Holiday」というタイトル通り、『音楽』で出会う事が出来た皆さんと一緒に、『音楽』で共に過ごすその1日を祝えればと思います。
そして「冷やし中華始めました」のようなちょっとふざけたサブタイトルですが、このツアーにかける思いはホンモノです。
今まであまり対バンをして来なかった僕たちが、本当に良いと思える音楽、本気で繋がりたいバンドだけにオファーを出し、今回このような素晴らしい4バンドに出演して頂ける事になりました。
このツアーでバンド同士はもちろん、それぞれのファンの皆さんにとっても新しい音楽と出会える邂逅の場所になればと思います。
第1回目となるこのMusic Holiday、僕たちと一緒に最高の音楽の祝日にしませんか?
最高の音楽とともにあなたを待っています!
------------------------------------------

合わせて、ダブル両A面となるニューシングル『S.O.S. / Wake me up』を2016年10月19日(水)にリリースすることを発表した。同作には、日本テレビ・西日本放送ほかにて、10月から放送が予定されているアニメ『うどんの国の金色毛鞠』のオープニングテーマ“S.O.S.”などが収録される。

また、初回限定盤に付属するDVDには先日30日に松山W RED Studioにて行われた「WEAVER 11th Additional TOUR 2016『Walk on the Night Rainbow』」のファイナル公演の模様が収録される。

ツアー、リリース情報は以下のとおり。

●ツアー情報
「Music Holiday vol.1 ~対バン始めました~」
2016年12月14日(水)大阪・なんばHatch
OPEN 17:30 / START 18:30
ゲスト:BIGMAMA / LAMP IN TERREN

2016年12月18日(日)東京・恵比寿The Garden Hall
OPEN 16:00 / START 17:00
ゲスト:androp / 雨のパレード

料金:¥4,500(税込/スタンディング 、大阪公演のみ2F指定あり)
※入場時に別途ドリンク代が必要となります
※お一人様4枚まで

WOW 2016メンバー 特別チケット先行
受付期間:2016年8月26日(金)12:00 ~31日(水)23:59
詳しくはWOW 2016サイトよりご確認ください。
http://wow.weavermusic.jp

チケット一般発売日:2016年11月12日(土)10:00~
※未就学児童入場不可

●リリース情報
『S.O.S. / Wake me up』
発売日:2016年10月19日(水)
初回限定盤:CD+DVD AZZS-50 / ¥1800(tax out)
通常盤:CD AZCS-2055 / ¥1200(tax out)

DVD※初回限定盤のみ収録
「WEAVER 11th Additional TOUR 2016『Walk on the Night Rainbow』」松山W studio REDの模様を数曲収録

通常盤特典:『うどんの国の金色毛鞠』描き下ろしイラストワイドキャップステッカー

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月26日(金)7時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。