ここから本文です

パスピエが超近距離で演奏! ステージを使わないスペシャルフロアライブ終演

RO69(アールオーロック) 8月26日(金)15時10分配信

先月に両A面シングル『永すぎた春/ハイパーリアリスト』をリリースしたパスピエが、今月25日に渋谷WOMBで100名限定の完全応募招待制スペシャルライブを行った。

この日のライブはステージを使用しないフロアライブとなっており、メンバーとオーディエンスの距離感は限りなくゼロに近い。“ヨアケマエ”からライブがスタートすると、会場のテンションも徐々に上がっていく。続いてはニューシングルに収録されている“REM”。ストレートなロックチューンによって、観客とバンドの一体感がさらに高まる。さらに“とおりゃんせ”“うちあげ花火”を披露。

「フロアライブにお越しいただき、ありがとうございます。シングル『永すぎた春/ハイパーリアリスト』を購入してもらって、応募してくれたみなさんということで、すごく縁の強さを感じています」という大胡田なつき(Vo)のMCの後、シングルのタイトル曲“永すぎた春”そして“ハイパーリアリスト”も披露された。

この後のMCで成田は今回のイベントや年末のホールツアーを通して、いまのパスピエを伝えようとしていることなどを語り、続いてメンバー紹介を行った。「この5人でパスピエです。これからもよろしく!」と語り掛けると、観客から大きな拍手が巻き起こった。

本編ラストは“トキノワ”“MATATABISTEP”で締められた。代表曲であり、ライブアンセムでもあるこの2曲の演奏時には大胡田、三澤勝洸(G)、露崎義邦(Ba)が観客のすぐそばまで移動し、ライブは盛り上がりをみせた。アンコールは「ライブらしい1曲で終わりにしたいと思います」(大胡田)とコールされた“S.S”でイベントは終演した。

なお、パスピエは12月にデビュー5周年を記念したツアー「5th Anniversary Hall Tour」を開催する。

セットリスト、ツアー情報は以下のとおり。

●セットリスト
1、ヨアケマエ
2、REM
3、とおりゃんせ
4、うちあげ花火
5、今日も雨 ※倉橋ヨエコ カバー曲
6、ON THE AIR
7、永すぎた春
8、ハイパーリアリスト
9、トキノワ
10、MATATABISTEP
アンコール
11、S.S

●ツアー情報
「パスピエ 5th Anniversary Hall Tour」
2016年12月4日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
開場 17:30 / 開演 18:00

2016年12月16日(金) 大阪・オリックス劇場
開場 18:00 / 開演 18:30

2016年12月22日(木) 東京・中野サンプラザ
開場 18:00 / 開演 18:30

チケット料金:全席指定 ¥4,800(消費税込)※小学生以上チケット必要
一般発売日 : 2016年10月8日(土)

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月26日(金)15時10分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。