ここから本文です

マグロ養殖に衛生管理認証

紀伊民報 8月26日(金)16時34分配信

 クロマグロを養殖し、全国に出荷している和歌山県串本町串本の「串本マリンファーム」が「県生鮮食品生産衛生管理システム」の「養殖クロマグロ区分」第1号認証を受けた。

 2008年度に始まった県の「生鮮食品生産衛生管理システム認証制度」は、生鮮食品の出荷時の抜き取り検査による方法ではなく、作業工程の管理に重点を置く衛生管理手法(ハサップ)に取り組む事業者を、県が認定する制度。「養殖クロマグロ区分」での認証は、15年度の新設以来初めて。認証されれば認証マークで食品の安全性を消費者にPRすることができる。

 交付式が24日、県庁であり、県の日吉康文環境生活部長が同社の篠原孝司所長に認証書を手渡した。

最終更新:8月26日(金)16時34分

紀伊民報