ここから本文です

黒部から能登、富山湾47キロ完泳 慶大水泳部の3人

北國新聞社 8/26(金) 2:42配信

 慶大水泳部葉山部門の3人は25日、富山湾の遠泳に挑戦し、黒部市から能登町までの約47キロを、13時間46分で完泳した。予定より46分遅れたが、ゴールの能登町新保の五色ケ浜では、幕を掲げて出迎えた部員や高雅彦副町長ら約20人から祝福を受けた。

 3人は理工学部4年の田脇裕太主将、商学部3年の一丸謙志郎さん、経済学部3年の笠原敬太さんで、夜明け前の午前5時に黒部市の荒俣海岸を出発した。潮流の観測や泳者への補給を行う船が同行し、午後6時46分に到着した。

 田脇主将は「4時間ぐらい経過したところで、肩の痛みが出てきた。もうだめかと思ったが、なんとか諦めずに泳ぎ切ることができて良かった」と話した。

北國新聞社

最終更新:8/26(金) 2:42

北國新聞社