ここから本文です

金沢武士団の公式ユニホーム完成 丸井織物、製作事業を展開

北國新聞社 8月26日(金)2時37分配信

 丸井織物(石川県中能登町)は、プロバスケットボールチーム「金沢武士団(サムライズ)」に提供する2016~17年の公式ユニホームを完成させた。同社がプロチームにユニホームを提供するのは初めてで、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、ユニホーム製作事業を展開していく。

 織物ならではの軽さと、生地全体に細かい穴を空けて高い通気性を兼ね備えた。ホーム用は黄色、アウェー用は白色を基調とし、胸にチームロゴを配置して両側には刀のつかをイメージした模様をあしらった。練習着なども提供する。

 開発には20~30代の若手社員が携わった。同社は今後、ユニホーム製作事業を展開し、新ブランドの立ち上げや自社販売の拡大、サプライヤー向けテキスタイル販売を進める。同社の担当者は「『スポーツの丸井』をもっとアピールしていきたい」と話した。

 チームが参戦する男子プロバスケットボール・Bリーグ(3部)は9月末に開幕する。10月1日のアウェー、同8日のホームの開幕戦で、それぞれ新ユニホームを着用する予定となっている。

北國新聞社

最終更新:8月26日(金)2時37分

北國新聞社