ここから本文です

マンC、バルサGKブラボの獲得を正式発表「来たる多くの成功の一員に」

SOCCER KING 8月26日(金)11時36分配信

 マンチェスター・Cは25日、バルセロナからチリ代表GKクラウディオ・ブラボを獲得したことを発表した。契約期間は4年間となっている。

 現在33歳のブラボは、母国チリのコロコロの下部組織出身で2002年から4年間、同クラブのトップチームでプレー。2006年夏に欧州移籍を果たし、レアル・ソシエダに加入した。2014年にはバルセロナに加入し、2シーズンの間、守護神として活躍。リーガ・エスパニョーラ連覇など数々のタイトル獲得に貢献した。

 また、各年代のチリ代表に選ばれており、2004年にはA代表でデビュー。コパ・アメリカには5大会に出場し、2015年と2016年大会での連覇に貢献した。2014年のブラジル・ワールドカップにも出場し、チリを3大会ぶりのベスト16へと導いた。

 ブラボは、マンチェスター・Cの公式サイトを通じてコメントを発表。「マンチェスター・Cに加わることができて誇りに思う。このクラブは何か特別なものを作っている最中で、来たる多くの成功の一員となれることを望んでいるよ」と喜びを示した。

 移籍の理由については「素晴らしい2年間を過ごした、バルセロナのようなクラブを離れるのは簡単ではなかった。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督とともに仕事ができる機会は、断るに値しなかったね」と話し、ジョゼップ・グアルディオラ監督の存在が大きかったと明かした。

SOCCER KING

最終更新:8月26日(金)11時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報