ここから本文です

チェルシーに新戦力 ポルトガル代表35キャップのベテランGKが加入

SOCCER KING 8月26日(金)11時57分配信

 チェルシーは25日、ディナモ・ザグレブからポルトガル代表GKエドゥアルドを完全移籍で獲得したことを発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 ブラガで2005年にトップチームデビューを飾ったエドァルドはその後、ジェノアやベンフィカなど欧州各国のクラブでプレーしてきた。2014ー15シーズンからはディナモ・ザグレブに所属し、昨シーズンは44試合でゴールマウスを守った。今月もチャンピオンズリーグ予選4試合に出場しており、同クラブの本大会出場権獲得に貢献している。

 また同選手は、ポルトガル代表でもこれまでに35キャップを記録している。ユーロ2016では決勝までの全7試合でベンチ入りし、チームの大会制覇を裏方で支えている。

 チェルシーにベルギー代表GKティボー・クルトワが守護神として君臨しているほか、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表GKアスミル・ベゴヴィッチがベンチに控えている。33歳のベテランであるエドァルドは、この2人を支えるバックアッパーとしての役割が期待されそうだ。

SOCCER KING

最終更新:8月26日(金)12時2分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。