ここから本文です

アトレティコ、若手2選手のローンを決断 マンキージョがプレミア復帰

SOCCER KING 8月26日(金)12時1分配信

 アトレティコ・マドリードは25日、所属するスペイン人DFハビエル・マンキージョがサンダーランドに、Uー21同代表MFオリベル・トーレスがポルトに、それぞれ1年間のレンタルで移籍することが決定した。同クラブが公式HP上で発表している。

 右サイドバックを主戦場とするマンキージョはアトレティコ・マドリードの下部組織出身で、2013年からトップチームに登録されている。昨シーズンはマルセイユにローンで加入し、リーグ・アンやヨーロッパリーグなど公式戦43試合に出場していた。プレミアリーグはリヴァプールに所属していた2014ー15シーズン以来の挑戦となる。

 一方のオリベルは、アトレティコ・マドリードで10番を背負う生え抜きの若手だ。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラなど公式戦33試合で1ゴールを記録している。同選手は14ー15シーズンにポルトへレンタルされており、同クラブに復帰することが決定した。

 アトレティコ・マドリードは今夏、アルゼンチン代表MFマティアス・クラネビッテルやアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットなど、多くの選手をレンタル移籍させている。一方で、フランス代表FWケヴィン・ガメイロやアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタン、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコなどを獲得し、すでに開幕している新シーズンの戦力を整えつつあるようだ。

SOCCER KING

最終更新:8月26日(金)12時17分

SOCCER KING